雄大誕生話 の記事一覧
  スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.--/--:--
  雄大誕生話 
雄大の出産は、本当に大変だった・・・。

お腹の中にいた時は胎動が激しすぎるくらいでつわりもあまりなく
楽な妊娠期間だった。予定日は9月18日だった。

生まれる前の日の夜中に急にお腹が痛くなった。
まるでお腹を壊した時のような感じ。
そして翌朝におしるしがあり、軽い陣痛が始まった。
夕方に陣痛の間隔が短くなったのでお産にそなえてシャワーをあびて
病院に電話をして病院に行った。

診察してもらったら、まだ、子宮が開いていないので、当分生まれないとの事。
入院になり、一晩陣痛の痛みで眠れない夜を過ごした。
とにかく、陣痛は痛い(>_<)だんだん3分間隔になり、ご飯も食べられなくなってきてしまった。
朝になっても、昼になっても夕方になっても生まれる気配なし・・・。

でも、陣痛の間隔が短いのでとにかく辛い。
背中と腰がものすごい痛みなので、旦那にずっとさすってもらった。

そして夜、子宮が全開になり分娩室へ・・・
でも初産は時間かかるらしく入室してもすぐは生まれない。
どうやら、私は微弱陣痛だったらしく
生まれるのに時間がかかったみたい。
本格的な陣痛がきたので、いよいよ!って事になったが
私の産道が狭いらしくなかなか雄大が出てこれない。

急遽、帝王切開の先生が呼ばれていたらしい。
(覚えてない^_^;)
でも、切開せず、吸引する事になったが
なかなか機械が入らず、先生もあせっていたらしい。
私は、あまりにもの痛みに気を失い旦那に顔を叩かれ意識を取り戻し
吸引と看護師さんがお腹に乗って押すのと
意識を取り戻した私のいきみで、雄大が産まれた!!

・・・しかし、産声をあげない。急いで、先生がさかさまにして
ぺんぺん叩き「おぎゃー」と元気に泣いた・・・良かった。
私は涙が止まらなかった。
旦那は立会いだったが、途中雄大の事はあきらめたらしい・・・
それだけ、切羽詰った出産だった。
もう、怖いから立会いはしたくないらしい。

でも、おもしろいもので、雄大の顔見たら出産の痛み忘れてしまった。
会陰切開の縫う痛みの方が辛かった^_^;

とにかく産まれてきてくれて良かった。
雄大が大きくなったら、この話しを聞かせてあげようと思う。
とくに、悪さした時とか(笑)

この出産の辛さを乗り越えたので、これからの育児大変だろうけど
頑張れると思う。

雄大、産まれてきてくれてありがとう


スポンサーサイト
* テーマ:◆◇◆0歳ベィビー◆◇◆ - ジャンル:育児 *
2005.11.11.Fri/16:51
| BLOG TOP |

プロフィール

HIME

Author:HIME
誕生日: 平成17年9月13日
生まれた時間: 21時7分
生まれた時の身長: 44cm
体重: 2,570g
生まれた場所: 横浜市
好きな事: お風呂
嫌いな事: 足触られる事


我が家の愛犬SAKURAサイト



一緒に泣いて下さい。
私が過去に飼った犬の感動ストーリーです。



みんなのプロフィールSP

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索


CopyRight 2006 Yudai's ROOM All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。